カメムシ駆除用殺虫剤を使う時の注意点

2016-10-08_123927

たかがカメムシ駆除、でも、使う薬剤は…???

小さい体の癖に、キョーレツにイヤなにおいを出してくれるカメムシ。

自分の臭いで死んでしまうこともある

というほどですから、

威力は半端ではありませんね。

そんなカメムシは

普通の殺虫剤では簡単にコロッといかない虫

です。

最近は専用の

「カメムシ駆除用殺虫剤」

DIYショップで

リーズナブル

に売られています。

「よしよし、これさえあれば、カメムシ駆除なんて簡単だ。」

と喜んで購入して…。

ちょっと待ってください!

その薬、ちゃんと説明書を読みましたか?

どこに、使う予定ですか?

「えっ?どういうこと?」と

改めてラベルを見ると

細かい字がびっしり…

「何だこりゃ!?」と

厳重な注意書きに、目を丸くされる方も多いみたいです。

実は、

カメムシ駆除のための殺虫剤には

他の殺虫剤と違う事情があるんです。

カメムシ駆除用の殺虫剤は、「農薬」です

カメムシは

一般のピレスロイド系殺虫剤が効きにくい虫

として知られています。

そのため、

一般害虫用の殺虫剤よりも強力な薬でないと

駆除ができないのです。

ですから、

カメムシの駆除に使われている薬剤は

農薬指定がされています。

正しく使えば、安心安全な薬ですが

それでも一般害虫用の殺虫剤よりは強い薬であることは間違いありません。

用法を誤れば思わぬ事故につながる危険性ははらんでいます。

便利だからこそ忘れてはいけないこと!

カメムシ駆除用の殺虫剤を使うときは、

必ず注意書きに目を通すようにしましょう。

カメムシ駆除用の殺虫剤には、

使用上の注意として

手袋・マスク着用」など

服装についての注意書きが着いていることがあります。

これらは省略しないで守って使いましょう。

万一、

直接肌にかかってしまったりや目に入ったときは、

まず、良く洗って、医師に見せるなどの対処をします。

もっとも気を付けていただきたいこと

カメムシ駆除用のスプレー薬や粉末タイプの薬剤を

使い残した時です。

まず!

絶対に!!

他の入れ物に移してはいけません」!!!

食品の空き容器に入れ替えたものを

誤飲して

重大事故につながった例が少なくありません。

カメムシ駆除用の薬剤は農薬です。

お子さんが、おままごとなどに誤って使ったりすると大変なことになります。

使い残したものは、思い切って処分するか、使い切ってしまう方が安全です。

空き容器なども

速やかに処分して、

子供さんやお年寄りの手が届かないように気を付けましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加