カメムシ駆除方法 エコで安心

2016-10-08_123927

薬に負けない手ごわいカメムシを、安心に駆除する方法は?

カメムシは分類学的にはセミの仲間になります。

種類が非常に多く、

もともと、

薬品類に対して耐性の強い性質を持っていて、駆除がしづらいことで知られています。

一部の肉食性のものは、

害虫を餌にすることから益虫として利用されたりしていますが

多くは植物に集まって口を刺して汁を吸い弱らせたり

成長を阻害してしまうことから

農業上でも害虫の扱い

になっています。

屁こき虫、屁っぴり虫の名前で知られるように

最も困る被害は、驚いたときに出すキョーレツな臭い

です。

これは、実は液体で

一度着くと、しみついてなかなか取れないため、非常に迷惑します。

しかし

薬が効きにくいことから

一般的な殺虫剤では簡単に死にません。

むしろ

殺虫剤をかけられて慌てて臭いを出し

部屋中ににおいが充満してしまった、

なんて実話があるほどで

うっかり、家庭用の殺虫剤をかけるとかえって厄介なことになるようです。

カメムシ駆除用の殺虫剤は

他のものと区別して販売されており、農薬指定がされています。

それだけ強力な薬であるため、使用には注意も必要ですし、

アレルギー体質の方などには

屋外でもちょっとためらわれることもあるようです。

まして、室内では使うことができません。

では、カメムシを安心安全に駆除する方法はないのか?

というとそうではありません。

カメムシを近寄らせなければよいのです。

カメムシには専用の忌避剤が売られています。

これは、カメムシを近寄らせないためのもので

撒くだけで使えるなど

使い方も非常に簡単です。

まずは、近寄らせないことで

予防策をとれば、駆除も楽になります。

それでも、カメムシが入ってきてしまう様なときは

凍結させるタイプの殺虫剤を使えば、室内でも安心、安全に駆除することができます。

庭や、建物の外壁などにいるカメムシを駆除したいときは、

凍結式の殺虫剤は使えません。

カメムシ駆除用の殺虫剤を使うのが基本ですが、

それが難しい場合は、

石鹸水などで窒息させたり、

ビニール袋をそっとかぶせてつまみとって袋に密封してしまうのも

良い方法です。

カメムシは自分の臭いで死んでしまうので、そのまま可燃ごみとして処理できます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加