新生児の目やにが黄色い原因と母乳で治せるの?

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

うまれたての新生児の目に、黄色い目やにがびっしり…^^;

その様に驚いてしまうママもいるようです。え(・・?もしかして何か病気にかかっているのかな…と心配になりますよね。ここでは新生児の目やにが黄色い原因と、治すための対処法をまとめました。

新生児の黄色い目やにの原因

・結膜炎
新生児の黄色い目やにの原因は、結膜炎です(/_;)空気中のほこりや細菌により、結膜炎を引き起こします。デリケートな時期なので、ほこりやちょっとした細菌で結膜炎を引き起こしてしまいます。また、さかさまつ毛による感染の可能性も大きいです。特に帝王切開による出産を行った子に、多い症状とも言われています。

ママの手についた細菌で結膜炎になってしまうこともあるので、常に清潔をこころがけましょう(^^)v

・先天性鼻涙管閉鎖
また先天性鼻涙管閉鎖という場合もあります。これは泣いたときに涙が鼻につたう鼻涙管という管がつまって、細菌を排出できずに、目やにを出すことができなくなります。涙点は、成長とともに太くなっていくので、まず心配ありません。でも治らない場合は、ブジーという細い針金で穴をあける治療を行います。

新生児の黄色い目やにを治す方法

新生児の結膜炎を治す方法は、小児科へ行き、目薬を処方してもらいましょう。眼科でもかまいませんが、新生児期や赤ちゃんは、小児科でもOKです(^^)v目薬は、目のまわりの目やにをとってからつけるようにしましょう。

目やにをやさしくていねいにとってあげましょう。そのときのポイントは、以下の通りです。

・ガーゼや綿の同じ場所で拭かない
・目やにが目に入らないようにする
・目頭から目尻に向けてとる
・ママの手を清潔にしてやる

やり方によってはひどくなってしまうこともあるので、清潔を保つように守りましょう。ケアをいやがり、泣いて目薬を流してしまう赤ちゃんもいるので、ご機嫌を見計らって目薬をさしましょう。これで目薬の効果を得られやすくなりますよ。

■まとめ
デリケートな新生児期だからこそ、黄色い目やにが出やすい時期と言えます。赤ちゃんのはじめての症状に驚くママもいるかもしれません。でもよくあることなので、心配せずにしっかりケアしてあげましょう。

新生児の目やにの原因は何?

目やにがあるときどうすればいいの?
新生児期はよく目やにが出ます。その理由は何だろう…と気になりますよね。ある日わが子を見たらびっしり目やにがついていたなんてことも、少なくありません。ここでは新生児の目やにの原因は何なのか、そのときどうすればいいのかについて、まとめました。

新生児の目やにが出る原因

新生児の目やにが出る原因は、以下の3通りです。新米ママに見分けがつかないので、あまりにもひどいようならまずは小児科を受診しましょう。

・ほこりや雑菌
空気中のほこりや雑菌が目に入り、結膜炎を起こします。このとき黄緑色の膿のような目やにが出ます。抵抗力のない新生児は、ほこりや雑菌にも弱いので、部屋を清潔に保ちましょう。

・さかさまつげ
新生児期や乳児期は、さかさまつげになりやすいです。まつげが目を刺激して、目やにが出やすくなります。またまつげについた雑菌が目に入り、結膜炎を起こして目やにがでることがあります。

・先天性鼻涙管閉塞
先天性鼻涙管閉鎖は、目と鼻をつなぐ鼻涙管という管がつまることでおこり、目やにが出ます。通常、涙は鼻に流れるのですが、つまってしまうと逆流し、さまざまな分泌物や細菌と混ざりあって、目やにとして排出されます。

赤ちゃん期は鼻涙管が細く、よくつまることがあります。でも成長とともに太くなるので、しばらくは様子を見ましょう。

新生児の目やにの対処法

新生児の目やにがついたら、以下のようにしましょう。

・目やにをふき取る
・眼科を受診する

結膜炎や先天性鼻涙管閉塞でなければ、眼科を受診する必要はありません。ただ見分けがつかないときは、眼科よりも小児科を受診しましょう。そして目やにをふきとって、清潔を保つようにしてください。目やにを放置すると目を刺激し、結膜炎を起こしてしまいます。結膜炎だったときは、目薬が処方されるので、拭いた後に使いましょう。

目やにのケア方法

新生児の目やにを拭くときは、肌を傷つけないように、濡らしたガーゼや清浄綿でやさしく拭きましょう。以下のポイントをおさえてやります。

・目やにが入らないように目頭から目尻に向けて拭く
・お母さんの手を清潔にする
・目薬を泣いているときにさしても意味がないのでごきげんのときにやる

■まとめ2
デリケートな新生児期に、目やにはよくあることです。ただ大量の目やにが出ると、結膜炎などの病気の疑いがあるので、受診しましょう。

新生児の目やには母乳で治療できるの?

新生児期は目やにがでやすい時期です。その理由は、鼻涙管という管がつまるから。鼻涙管とは、涙が鼻に流れる管を言い、つまってしまうと、結膜炎を引き起こし、大量の目やにの原因になってしまいます(/_;)もし結膜炎になってしまったら、以下のような処置をしなければなりません。

・目やにをキレイにふきとる
・抗生物質の目薬で治療する

まずは目やにをキレイにふきとってあげましょう。さらに小児科や眼科を受診して、抗生物質の目薬で治療を行います。でもそこで疑問が…新生児に抗生物質の目薬なんて大丈夫(・・?と、疑問に思うママもいるでしょう。そこで効果的と言われているのが、母乳です。

ここでは新生児の目やには母乳で治療できるのかについて、まとめました。

新生児の目やにの治療は母乳を点眼する

新生児に抗生物質の目薬を使うのは、少し抵抗がありますね^^;そこで効果的と言われているのが、母乳を点眼する方法です。実は母乳には、抗菌物質や免疫や抗体、炎症を和らげる作用のある成分が含まれていると、言われています。

■母乳点眼で目やにの治療をするメリット
安心で安全(*^^)v母乳点眼で目やに治療をするメリットは大きそうですね。どのようなメリットがあるのかを、見ていきましょう。

・天然の殺菌作用があり副作用がない
母乳には、殺菌作用があります。さらに母乳は、新生児にとって栄養バランスバッチリの完全食です。新生児が口にできるほど安全なので、副作用がありません。さらにママの体から分泌される天然物なので、安心です(^^)v

・実際に母乳点眼をすすめる産院や助産師も!
新生児の目やにで受診すると、実際に母乳点眼をすすめる産院や助産師さんもいます。お医者さんママで、実際にわが子に試して、目やにが治ったという人もいます。実体験にもとづいて、本当に治ったという人があるので、安心と言えるでしょう(゜゜)

■まとめ3
これだけのメリットがあるなら、ぜひ母乳点眼を試したいところです。でも薬ではないにで、しばらく試して効果が見られないようなら、受診しましょう。授乳中に母乳がうっかり赤ちゃんの目に母乳が入る…なんてこともありえるので、目に入っても安全ですよね。ぜひ参考になさってください(*^^)v

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加