赤ちゃんの目やには風邪で多い。原因はそれだけではないときも!

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

赤ちゃんの目やにが多い理由は何?

赤ちゃんはとてもデリケートです。そんな赤ちゃんの目にたくさんの目やにが出ていると、心配になりますよね。

では赤ちゃんの目やにが多い理由は、何なのでしょうか。

ここでは

1.赤ちゃんの目やにが多い理由
2.赤ちゃんの目やにの原因
3.赤ちゃんの目やにの原因が風邪のとき

をまとめました(*^^)v

大人の目やにがたくさん出て気になるっ」って人は
こちらの記事もお読みください☝

1.赤ちゃんの目やにが多い理由

赤ちゃん、特に新生児期はとてもデリケートです。
体のつくりなどから目やにが出やすい体質になっています。

・先天性鼻涙管閉鎖
泣いたときに涙が鼻に流れる、鼻涙管という管が詰まったときに、目やにが出やすくなります。
赤ちゃんの鼻涙管は細く、詰まりやすいので、目やにが出やすくなります。

目やにが出ることで、細菌をためこまないしくみになっているのです。

鼻涙管は成長ともに太くなっていくので、まず心配はありません。

でも治らない場合は、眼科で、ブジーという細い針金で通すと治ります(゜゜)

・結膜炎

結膜炎は、ほこりや雑菌が原因で、膿のように黄色っぽい目やにが出ることが多いのが特徴です。

赤ちゃんはとてもデリケートなので、結膜炎になりやすいです。

またお母さんの手についた雑菌が原因で感染することがあるので、清潔を徹底しましょう(*^^)v

もし結膜炎になってしまったら、目やにをガーゼで拭いてあげましょう。

菌を広げないよう、目に入らないように取り除いてあげるのが、大切です。

軽いものなら、自然と治りますが、改善されないようなら小児科を受診しましょう。

小児科へ行けば、赤ちゃんでも使える薬を処方してくれます。

目やにの原因が風邪ということもあるので、

眼科よりも小児科へ行き、適切な治療をしてもらいましょう。

赤ちゃんの目やにが多いまとめ

赤ちゃんの目やには、上まぶたと下まぶたがべったりと張りつくほど、すごいこともあります。

それでも基本的には拭いてあげるケアだけで、大丈夫です。

うちの子、目やにがすごいけど…と驚くお母さんもいます。

でも赤ちゃんの体のつくりが目やにを作り出しているので、成長するのを待ちましょう。

成長とともに、なくなることがほとんどですよ♪

2.赤ちゃんの目やにの原因は何?

赤ちゃんはよく目やにを出しますね。そこで疑問になるのが、赤ちゃんの目やにの原因です。

あまりにも出過ぎると、何か病気では…(・・?と心配になります。

ここでは赤ちゃんの目やにの原因についてまとめました。

先天性鼻涙管閉鎖
赤ちゃんはよく泣きますね。この泣いたときに涙が流れる、鼻涙管という管がつまったときに目やにが出やすくなります。

特に赤ちゃんはもともと管が細いため、詰まりやすくなります。

これが目やにの原因になるのです。

でも成長とともに太くなっていき、症状が改善されていきます。

だからそれほど心配することはありません。

ただなかなか改善されないときは、管にブジーとよばれる細い針金を通して、管の通り道をつくって治します。

気になるときは、小児科で診てもらいましょう(^^)v

結膜炎

赤ちゃんの目のまわりに目やにがびっしりついている…^^;そんなときにまず疑われるのが結膜炎です。

結膜炎は細菌やウイルスが原因で、目やに、かゆみ、違和感、充血、痛み、かゆみなどを引き起こします。

細菌による軽い症状のものは清潔にすることで、治ってしまうことがあります。

でもウイルス性の結膜炎は、症状が悪化し、最悪の場合失明することもあるので、すぐに受診すべきです。

細菌性結膜炎もウイルス性結膜炎も症状が似ているので、素人では区別がつかないことが多いです。

大量の目やにや充血、違和感、かゆみなどの症状が現れた場合は、すぐに受診するほうが安心ですよ。

症状に合わせた目薬を処方してくれるので、すばやく治すことができます(^^)v

目ヤニの原因まとめ

何かと病気が多い赤ちゃん期。それは目も同じことです。

目に異常があれば、大量の目やにが発生するので、新米ママでもすぐに気づくことができます(゜゜)

目やには病気のサインだと心得ましょう。早く治療すれば、後遺症を残すこともなく安心ですよ。

自分の目で判断するのが難しいときは、受診すれば適切に対処してくれます。

3.赤ちゃんの目やにの原因が風邪のとき

その関係と対処法

赤ちゃんの目やにの原因は、病気のサインです!

その中でも、まずはじめに思いつくのが、風邪です。

ある日、赤ちゃんの目に、目やにがたっぷりついていたら、風邪を疑いましょう。

ここでは赤ちゃんの目やにと風邪の関係や対処法について紹介します。

赤ちゃんは風邪で目やにを出す

赤ちゃんの目やにの原因は、風邪です。その中でも主な原因は、鼻水です。

鼻水にある細菌が、目まで伝ってしまうことで、目やにが出ます。

目やには細菌をためこまないように、出るようにできているのです(゜゜)

涙を捨てるところを涙点といいます。赤ちゃんは涙点の管が細いため、詰まりやすくなるので、目やにが出やすくなります。

ただ成長とともに太くなっていくので、心配はいりません。

でも目が充血していたり、目やにが大量の場合や黄緑色をしているようなら、結膜炎が疑われます。

赤ちゃんはとてもデリケートなので、すぐに細菌に感染してしまいます。

お母さんの手についた雑菌や空気中のほこりなどにも感染することがあるので、

いつも清潔を保ちましょう(*^^)v

赤ちゃんの目やにの原因が風邪だった場合の対処法

赤ちゃんの目やにの原因が、風邪だった場合は、ガーゼなどでやさしくふき取ってあげましょう。

目に入らないように、やさしくやるのがポイントです。

放置すると目やにの菌で、結膜炎になってしまう恐れがあるので、しっかりとってあげましょう(*^^)v

ただ大量の目やにが気になるときは、小児科を受診することをおすすめします。

風邪の疑いもあるし、万が一結膜炎だったときにも、赤ちゃん用の目薬を処方してもらえます。

眼科よりも小児科を受診するのをおすすめします。

風邪のせいかもしれない目ヤニのまとめ

赤ちゃんの目やにの原因が風邪だった場合は、それほど心配いりません。

お母さんがキレイにふき取ってあげて、様子を見ましょう。

このとき感染しないようにやさしく丁寧にやってください。

ただあまりにも目やにが大量の場合は、受診したほうが安心ですよ♪

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加