おやつの語源と時代

2016-10-08_123927

なんとも甘いものが食べたくなってきた。

「おやつの時間だよ~」

お昼を食べて少しするとそんな気になってきます。

この時間帯の少食をおやつと呼ぶのですが
では、このおやつはどんな語源と意味があるのでしょうか。

スポンサードリンク

おやつの語源はいつから?

ちょんまげの時代、そのころの時間の呼び方って今と違いました。
2016-01-27_104245
今は午後3時というように表現されるようになっていますね。

英語ですとpm3:00でしょうか。

この午後3時ころが江戸の時代には「やつ」どきと言われていた
そうです。

このころの生活は
朝の8時ころに朝食
夕方の2時ころに夕食を食べていた
という話です。

夜食はなかったんですね。

1日2食だったそうです。

また、夕方5時ころという説もあるそうなんです。

では、おやつを食べるとするなら
何時ころが適度だったのでしょうか。

「やつ」という時間が午後2時から午後4時ころを指していたとすると
おやつと殆ど同時に夕ご飯も食べていたということになります。

そのころは(今でもそうですが)食べ物というのは
貴重なものでしたから、
果たして「そんなに大食いできる環境にあったのかな?

と考えますよね。

そうなってくると、おやつは、午後2時から4時ころに食べて
夕食は午後の5時ころに食べたのではないのだろうか

と推測できます。

おやつの語源はわかってきた。江戸時代の就寝時間は?

おそらく江戸時代の人も、現代と同じようにお腹が空いたはずです。
では、夕食の時間帯と就寝時間までの間はどれくらいだったか

それを考えることでも夕食の時間がわかり、そこからおやつの時間帯も
考えることができそうです。

江戸時代には、明かりがない生活だったようです。

行燈(あんどん)のようなものもあったそうですが
それを使えるのは、相当のお金持ちであって
一般庶民には手の出るものではなかったようですね。

夏場は日が暮れるのが遅く、暖かく
冬場は日が暮れるのが早く
だったので
夏に寝るのは夜9時ころ
冬に寝るのは夜7時から8時ころ
だったそうです。

もし、おやつを2時から3時ころに食べ
その後、夕食も3時ころだとすると
就寝まで7時間になります。

これではお腹がすきすぎて眠れない
活動できない
ということがあったのではないでしょうか。

ということで、
夕食は5時ころだったと思われます。

おやつの語源ができたころの食べ物

さて、おやつの語源は江戸時代にできたというのはわかった。

では、そのころ、何を食べていたのでしょうか。

江戸時代というと、金平糖が外国から入ってきて
そのようなおやつを皆食べていたイメージがあります。

「庄之助~、おやつだよ~」と母親が小さい子供たちを集めて
コンペイトウを食べさせる。

しかし、実際には、庶民にとってそのようなおやつは
手が出ない高価なものだったそうです。

では、何を食べていたかというと
芋 栗 かぼちゃ
といった穀物だったそうです。

ドラマなどで芋やかぼちゃなどを食べている
こどもたちが出ている時代劇を見ると
どちらかといえば、金持ちの暮らしとしては
表現されていません。

庶民のおやつというイメージですね。

しかし、栄養価などを見ると
高価なコンペイトウより栄養豊富
栗などは現代ではなかなか国産のものは食べられませんね。

言い方を変えると、江戸時代は
健康的な食生活を現代よりしていたのかもしれませんね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加