生理来ない 妊娠以外の原因とは?

2016-10-08_123927

生理がこないといろいろと不安になるものです。

妊娠していないのに生理が来ない原因
調べてみました。

スポンサードリンク

生理がこないとはどういう状態を指している?

生理は人によって個人差があるものの
では、どれくらいの差があるものなのでしょうか?
健康な女性の場合で閉経前であれば
25日から28日の周期で生理がくる
と言われています。

しかし、それであっても個人差も含めると

25日から39日程度までが、生理周期と考えられるようです。

ですので、40日を過ぎ始めると
生理が遅れていると言ってもいいのではないでしょうか。

そうは言っても個人で平均がありますよね

人によって生理周期は23から26日の間に来るという
データを取っているならば、
例えば今まで5年間23日から26日の間に生理が来ていたのに
先月は30日後に生理になった。

という場合には、やや遅いといえるでしょう。

しかし、それ以後も周期が30日程度になったならば
ホルモンバランスの変化なども考えられるでしょう。

では、このように閉経もしているわけではないが
生理周期が妊娠以外で変化していく原因は何があるのでしょうか?

生理不順という原因

生理が来ない原因の1つとして
生理不順が考えられるようです。

では、生理不順とはどのような状態を指すのでしょうか?

それには正常な生理周期というものを知る必要があるようです。
正常な生理周期の考え方は
「前の生理がはじまった日から数えて次の生理が始まる前の日」
までの日数だとのこと。

この日数(=期間)が25日から38日であれば、正常である

と考えられています。

生理不順とは
上で挙げられた期間が24日より少ない場合や
39日より多い場合
のことを生理不順と呼ぶそうです。

では、生理不順の原因として考えられるものは?

体重の増減

体重が痩せすぎている
または
太りすぎている

ホルモンの分泌が増えすぎる
「プロラクチン」というホルモンが排卵を抑制する効果
を持っているが、このホルモンが何等かの影響で増えて
分泌された場合、排卵が抑制されすぎる

甲状腺に何らかの不調があるとき
甲状腺から生産されるホルモンが生理の働きとも
深く関係しており、甲状腺の機能の低下
または高進の際、生理不順の原因となるとされている。

生活の乱れ
睡眠リズムの乱れ
・食生活の乱れ
・負荷の強すぎるストレス
・運動の不足または、過剰
これらが乱れると、体内ホルモンバランスを崩すため
生理不順につながるとも考えられている。

薬などの副作用によるもの

薬の影響で生理周期が遅れることもあるようです。

婦人科系の何等かの病気

婦人科疾患があると、生理が遅れることがあります。

妊娠以外で生理が来ない原因をまとめると

大きくとらえると
ホルモンバランスが崩れたときということができそうです。

そしてホルモンバランスが崩れるのは
ストレス
・薬
・食生活の乱れ
・生活の乱れ
・病気

ということが考えられます。

そして
ある目安として
60日以上の生理が来ない場合には放置しないほうがいい
と進めているお医者さんもいらっしゃいます。

39日以上が正常ではないとされている
わけですが

そのときの生活のバランス
年代(思春期など)により個人差が出るようで

39日を過ぎたから即、かなり深刻だ

というわけでもないようですね。

なので、60日以上というのが目安とされている

らしいです。

最終的には、
心配な場合には、婦人科で検査
というのが間違いなく
定期的な検査
というのが更に間違いがなく

病気のようなものがなければ、安心できるわけですからね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加