4代目江戸家猫八さんが激やせし進行がんで亡くなった

2016-10-08_123927

動物の声帯模写で家庭に笑いを振りまいてくださった

4代目江戸家猫八さんが亡くなりました。

進行性の胃がんだったそうです。
徹子の部屋というテレビ番組に出演されたときは
お元気だったそうですが、痩せていたのが
気になった視聴者の方も多く
激やせという言葉で検索する人が増えていました。

スポンサードリンク

江戸家猫八さんが激やせとなったのはいつ頃から?

亡くなったのが平成28年3月21日です。

1月の時点ではかなり痩せていた写真が
ニュースサイトに載っていました。

進行胃がんが分かったのはいつの時点?
息子さんのお話によると、
咳が続いていた猫八さんは、今年1月26日に
胃カメラ検査を受けたところ、進行胃がんに
患っていたということがわかったそうです。

胃がんのステージは4。

すでに、末期でいらっしゃったとのこと。

どんな治療を受けたの?

一般的には放射線治療や抗ガン治療が有名ですが
猫八さんの場合には、
抗がん剤を用いた治療は受けなかったそうです。

抗ガン剤治療はどのような作用と副作用があるの?

作用としてはガンの細胞分裂する過程に働きかけ
ガン細胞の増殖を妨害することでガンを死滅させる
作用がありようです。

副作用

抗がん剤はガン細胞だけに働きかけるわけではなく
造血細胞も攻撃してしまいます。
粘膜
毛根なども同様です。

結果として、貧血 感染症 吐き気 下痢などが起きてくると
言われています。

楽しい笑顔でお茶の間を笑わせてくださった

猫八さん ご冥福をお祈りいたします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加