赤ちゃんや子どもの口の周りが赤い!原因と改善は?

2016-10-08_123927

赤ちゃんや小さなこどもの口の周りが赤くなることが
あります。

だいたいが、よだれの垂れ流しによるかぶれが
考えられます。
こどもの場合には、よだれというよりも
口の周りをなめてしまう癖などが原因かもしれません。

スポンサードリンク

赤ちゃんの口の周りが赤いのはなぜ?どうしてあげる?

よだれが垂れてしまう原因
赤ちゃんの口はヨダレがつきものです。
出てきたヨダレは塩気が強いので
どうしても赤くなってしまうのですね。

乳児湿疹がひどいお子さんの場合なども
かぶれやすい体質なため
赤くなりやすい傾向があります。

ヨダレは、柔らかいガーゼなどを使って
ふきとるというよりもチョンチョンとポンポンと
軽くコットンを使うような感じで
押して拭いてあげるのがいいでしょう。

赤くなりすぎてお手上げ感を感じてしまったら
皮膚科の専門の先生に診てもらいましょう

蕁麻疹などで赤くポツポツなったりする場合も

小さな赤ちゃんは、少しのものにアレルギー反応が出てくることも
あります。
もしかすると、食べ物かもしれませんし
場合によっては体調が思わしくなく赤くポツポツしてしまうことも
あるようです。
小さいころには、お医者さんからのお薬が処方されますが
それが原因で口の周りが赤くなってしまうこともあるようです。
このような場合には口の周りだけでなく
目や鼻の周り体などにも症状が出ていることがありますので
注意深く観察してあげることが必要でしょう。

1歳半くらいの子供の口の周りが赤い

手足口病というのがあり、この場合には子供の口の周りが
プツプツと赤くなることが多いです。

手や足も注意深く見てみると、プツプツがあることで
手足口病と診断されることがあるようです。

ウイルスの感染によるもので、飛沫やヨダレなどによって
子供に感染します。

夏にはやることがあり、感染すると熱も出てきます。

子供の場合はあせもが原因で口の周りが赤くなることも

お子さんの肌はデリケートです。
ちょっとした、汗をかいただけでもそのままでお風呂に入らない
などで、あせもができてしまいます。

このようなときは、赤くなった口の周りを常に清潔に保つことが

重要です。清潔にするには、汗が出たら、清潔な水でぬらした
タオルやティッシュペーパーなどでこまめにふき取ってあげることが
予防につながります。

赤くなった子供の口の周りには薬を塗ったりしたほうがいいの?

よく赤くなりやすいお子さんの場合には、
いつも使っている薬などがあっているとわかるために
塗ることがいいかと思われますが

はじめて薬を塗るようなときには、専門の皮膚科の先生に
よく話を聞いたうえでお薬を塗ることによって
赤みを早くに治すことができるでしょう。

しかし、基本的な原因が、汗であったりする場合には
薬に頼るよりも、まずは清潔にしてあげるというのが
子供の口にも優しい方法ですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加