青春18きっぷの値段はいくら?

2016-10-08_123927

青春18きっぷと聞くと、「今の学生」にとっては学生旅行などの交通費を
安く出来るから大変助かる切符だと思っているでしょうし、「昔の学生」にとっては
「あー、今も売ってるんだ。」昔はあちこち行ったもんだと思う人も少なくないでしょう。

かく言う私もかつては、青春18きっぷを使ってあちこち移動していたもんです。
ということで私も「昔の学生」なので「あー、今も売ってるんだ。」と思いますし、
さらに、今って、青春18きっぷの値段はいくらぐらいなんだろう?
金券ショップで買えたりするんだろうか?と思って懐かしさとともに調べてみました。

JRのホームページを見てみると、
『青春18きっぷ おねだん 11,850円』
うーん。私の頃は確か10,000円だったから2割程度値上がりしてますね。
あ、消費税があるからまあそんなもんかなあと思っていると・・

①『1枚の切符で』
②『1日有効が5回分で』
③『5回分の押印欄があり、複数人での利用可、但し合同じ工程で』

おっと、これは「昔の学生」にとっては、少々驚きの違いがありました。

まず①『1枚の切符で』。
これは結構肝になりそうな違いです。「昔の学生」の頃は、5枚綴りでした。
なのであまりお金のない学生は、数人で買って必要な分を分けていたものです。
まあ、ある程度使うことがわかっていたらお得な切符だから1,2枚は余っても得だから
と買う事もありましたけどね。
なんか、大人になって焼き鳥屋に言ってみた時、注文は3串単位でと書かれていた時の
がっかり感を感じますね。

次に②『1日有効が5回分で』。
あらら、2日有効ってなくなったんですね。「昔の学生」次代は1日有効が4枚に、貴重な2日
有効が1枚あったんですよ。2日有効を使って『大垣どんこ(鈍行)』に乗ったもんです。
昔は『大垣どんこ(鈍行)』という、東京駅発23時ぐらいで翌朝5時だか6時だかに大垣駅に着くって言う
夜行普通電車があったんですよ。
関西方面から東京にコンサートとかを見に行って、そのまま泊らずに帰れるので大変重宝したものです。
そんな時に、2日有効の青春18きっぷ1枚(2日間用)で便利だったもんです。
気になって『大垣どんこ(鈍行)』も調べてみると、『ムーンライトながら』と言う臨時列車になったようです。
そこも残念ですね。

そして③『5回分の押印欄があり、複数人での利用可、但し合同じ工程で』。
ここも微妙にどうなん!って感じですね。
これじゃ、複数で分けられないじゃん。各地から集まる大学生なんか同じ方向に行くわけがないじゃん。
なんてケチなんだって感じです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加