胎児の心音の位置はどこに聴診器をあてる?

2016-10-08_123927

胎児の心音って母親のどの位置なら正常なの?

お子さんがお腹の中にいると、聞きたくなっちゃう
胎児の心音。でもなかなか探せないってこともよくあるようです。

スポンサードリンク

胎児の心音が聞こえやすい位置

心音を聞くのにドップラーや聴診器などをあてるかたが多いようです。
今は、海外製ではあるけれど胎児の心音を聞く機器も1万円前後で
売られているようです。

心音が聞こえやすい位置は下の毛からおへその間で聞けることが多く
体の真ん中の線を境にして右側や左側のどちらかの位置に聴診器
などをあてると聞こえるようです。

胎児は頭を下にした状態でママのお腹の中にいますので
どちらかというと下の毛に近いところで心音をとれることが多い
です。

胎児の心音の位置が変わるのはなぜ?

お腹の中で胎児はグルグルと回っています。
ですので逆子になっていた子が臨月間近で
正常に戻るということもよくあるようです。

また、体を丸めてお腹の中にいますので、
聴診器やドップラーをあてたときに背中が聴診器側に
来ないと音を聞くことができません。

聞こえないときには胎児がコチラ側を向いていたり
右側をコチラに向けていたりということが考えられますね。

胎児の位置で心音のスピードは変わる?
胎児の心音が聞こえるのが12週目くらいからと言われています。
そのころに聞こえる心音のスピードはトトトトトトトと
母親の心音の2倍から3倍の速さで聞こえるようです。

胎児の位置によってスピードが変わることはないようです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加