地球一周の距離 は何 km? マイルでは?赤道で測るの?月までの距離比較

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

「地球一周の距離は何km?」

地球一周の距離は何kmか?
その答えは約4万kmです。

地球一周の距離を認識する時って、日常ではあまりないかもしれません。
科学者などであれば日常で使うかもしれませんが、普通は子供の頃は興味で何度か見たり、
認識することがあるかもしれませんが、大人になってくるとだんだん興味もなくなってきます。

でも、この奇跡の星、地球に住んでいるのです。
たまには認識しておけば、テレビのクイズ番組や飲み会の席で発言できるかも?しれませんよ。

ということであらためて
地球一周の距離は、約4万kmです。

でもあまりに壮大すぎてピンと来ないかもしれませんので、色んな長さと比較してみましょう。

「地球一周の距離をマイルに換算すると」

ということで、地球一周の距離をマイルに換算してみましょう。

国際的な距離を測る単位には日本でよく利用されているメートル法とアメリカなどで根強い人気の
ヤード・ポンド法の2つがあります。
もともとメートル法自体が、1791年フランスで国際的な単位統一の目的に生まれたもので、
地球の北極点から赤道までの子午線弧の1000万分の1が1メートルとして定義されました。
ですから地球一周の距離はメートル換算の方が適しているとも言えるのですが、ここではあえて
ヤード・ポンド法の単位の1つマイルに換算してみましょう。

マイルと言えば、競馬が好きな人や陸上をする人ならよくご存じだと思いますが、ヤード・ポンド法の中で
陸上や競馬の距離の計測を行う際に利用されてます。
1国際マイルは1760ヤードで約1609mに定義されています。

ということで、地球一周の距離をマイルに換算すると
約24854マイル。
となります。

競馬好きでも陸上をする方でもなんだか余計にピンと来ないかも知れませんが・・。

「地球一周の距離は赤道の方が少し・・」

小さい単位にしてもわかりにくかったので近い長さで比較してみましょう。

地球は丸いことはご存知でしょうが、なんとなく地球は真ん丸じゃあないよね!?とお気づきでしょう。
そこで地球儀でいう中央を横切っている赤道と、軸となっている北極と南極を結ぶ一周を比較してみましょう。
この2方向の地球一周の距離を見てみると赤道側が約4万77km、北極南極側は約4万9kmとなっています。
地球一周の距離は赤道の方がちょっと長いのです。

でも、その差は約68kmですから約0.2%しか違わないのです。地球一周の距離は約4万kmもあるのにそれだけしか
違わないのです。
地球は正確には真ん丸ではないですが、ほぼ真ん丸と言ってもいいぐらい綺麗な丸をしているのです。
そう考えるとなんとなく奇跡的ですよね。

ピンとくるどころか、なんだかより壮大になって地球の素晴らしさを感じてしまいます。

「地球一周を月までの距離と比較してみると・・」

壮大になってきたついでにもっと壮大に、月までの距離と比較してしまいましょう。
月と言えば地球唯一の衛星で、身近であり時には遠いような存在です。

その月までの距離は、約38万4400kmです。
またさらに壮大になってきましたが、地球一周の距離は約4万kmという訳ですから、
約9.6倍となります。
地球と月の間を地球が転がると仮定すると、10回ごろんごろんと転がるとそこに月があることになるのです。
やっぱり月は身近な(?)存在なのです。

地球一周の距離は4万kmと言うと壮大すぎてあまりピンと来ないものですが、大きく考えて色んな距離と比較すると
色んなことを感じてくる?かもしれません。
皆さんも自分なりに色々と比較してみてください。
自分自身が地球となってごろんごろんと転がっていけば、身近な存在に気づくかもしれませんよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加