初盆とは!読み方に違い!?初盆参りの服装は男性、女性、子供どれが一般的?

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

初盆とは?地域によっても差がある

初盆とは、亡くなった方の四十九日法要が終わった後、初めて迎えるお盆のことをいいます。
お盆自体、一部地域では旧暦の7月15日頃に行われることもありますが、多くは8月15日頃に行われています。
通常、故人は四十九日法要があけてから仏さまになると言われていますので、四十九日より前で近い時期に
お盆がある場合は、翌年が新盆となります。
★地域やお寺さんの考え方によっては、このような場合に四十九日法要と合わせて行う場合もあるそうです。
実際に行う場合には、お寺さんに確認されておくことをお勧めします。

初盆の読み方は何が正しいのでしょう?

初盆の読み方は何が正しいのでしょうか?
普通に読んで、”はつぼん”が正しい読み方です。”しょぼん”とは読まない方がいいでしょう。
おそらく読み方を確認したい方は、”はつぼん”以外の呼び名を聞いたことがあるからではないでしょうか?
初盆と同じ意味を表す言葉は他にもあります。
それが新盆です。”にいぼん”と呼びます。
もしかすると”にいぼん”と聞いた方の中には、当て字か何かで初盆を”にいぼん”と読むのかな?と
思われた人もいるかもしれませんが、初盆は”はつぼん”、新盆が”にいぼん”と言う読み方が正しいのです。
初盆を差す言葉を初盆と覚えている人や新盆と覚えている人もいらっしゃるため、
耳には”はつぼん”や”にいぼん”が混ざって聴こえたことで迷ってしまった方もいらっしゃるかもしれません。

男性の場合、初盆参りの服装はどのようなものがいいのでしょう?

初盆参りに行く場合、気になるのがどのような服装で行けばいいか?ということでしょう。
まず男性の場合は、無難なのか礼服となりますが、夏の暑い時期であったり初盆に参られるみなさんとの関係次第では、
黒やグレー系のあまり派手でない服や、礼服のズボンに白いワイシャツといった形にして上着はなしとかでも
問題ありません。最近はクールビズなどで夏はネクタイをしない方もいらっしゃると思いますが、
一応持って行っておいた方が無難です。周りの男性陣がネクタイをしていなければ外すという感じでいいでしょう。
持って行ってなくて周りの方々がネクタイされているとないものはつけれませんからね。

ひとまず男性の場合で初盆参りの服装は、礼服のズボン+白ワイシャツ+ネクタイという感じが一番無難なような
気がします。

女性や子供の場合、初盆参りの服装はどのようなものがいいのでしょう?

では女性や子供が初盆参りに行く場合は、どのような服装がいいのでしょう?
女性の場合も、あまり派手でない黒やグレー系の服装であれば問題ないでしょう。男性と同じように周りのみなさんとの関係で
礼服にしておいた方がいいかもしれませんし、派手でなければ平服とかでも問題ないでしょう。

子供の場合は、学生であれば制服というのが基本となります。ただ最近は制服がない学校や色が少し派手な色の制服なども
あったりしますので、そんな時には大人の男性、女性同様にあまり派手でない黒かグレー系の服で白いシャツやワンピース、
ブラウスなどを着ておくとよいでしょう。
可能であれば、一緒に初盆参りに行く親と同じような色合いにしておくとより無難です。

ということで、
女性の場合の初盆参りの服装は男性同様に礼服か派手でない黒かグレー系の服、そして子供の場合は、学生であれば制服、
制服がない場合や学生でないお子様の場合はやはり一緒に行く大人に合わせた色合いの服にするのが無難です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加