スマホ老眼のチェックと対策! スマホ老眼の体操。眼鏡市場でのメガネの名前は?

2016-10-08_123927

今の時代、誰もが携帯電話・スマートフォンを持っているようになりました。
中でもスマートフォンは、単に通話の機能だけでなく、インターネットを見たり、
ゲームをしたり、本代わりにしたりと1日中持っているという人も少なくないほど
生活に密着した、なくてはならないアイテムとなっています。

そんなスマートフォンを愛用している人が少し気になっている言葉と言えるのが
「スマホ老眼」
ではないでしょうか?

「老眼」と言えば、年齢を重ねた人に出る症状の1つで、一般的に近い文字や小さい文字が
ぼやけて見えにくくなってきます。
ただ、基本若い世代にはあまり関係ない症状だと言われているのですが、
「スマホ老眼」
と言われると、ん?もしかして無関係ではない?年寄りじゃなくても若い人もなるのか?
スマートフォンを使っていれば誰でもなるものなのか?
などと少し心配になっている方も少なくないかもしれません。

そこでそんな方々に今後役に立つかもしれない「スマホ老眼」についての情報をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

スマホ老眼の簡単なチェックをしてみましょう

スマホ老眼の簡単なチェックをしてみましょう。
これから5つのチェックがあります。いくつ当てはまりますか?

① 近くのものを見る時、以前よりもピントが合わない気がする
② 遠くを見ている時は問題ないが、近くを見ると何かよく見えないことがある
③ 本やスマホの記事を見る時、小さい文字だと何か見づらい、見えないことがある
④ 薄暗い場所になると何か見づらくなる
⑤ 最近、近くのものや小さい文字などを見ると少し疲れるようになった

いかがでしたか?
もし、チェックした方が40歳よりも若いのにいくつか当てはまった項目がある場合は、
「スマホ老眼」
である可能性が高いと思われます。

この5つの項目は、「スマホ老眼」だからと言うものではなく「老眼」の特徴的な初期症状です。
ですから、老眼にはまだ早い40歳以下なのに当てはまると言う場合は、やはり「スマホ老眼」である
ことが十分に考えられます。

当てはまった方は、今から「スマホ老眼」対策をしていくことをお勧めします。

スマホ老眼チェックが眼鏡市場のサイトで出来ます

もしかすると、さっきのようなチェックじゃ信用できない!と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
そのような方におススメなのが、現在眼鏡市場のサイトで行っている
http://www.meganesuper.co.jp/content/sumaho-rougan2/

スマホ老眼の症状を改善するための対策は?

若いのに老眼?と言うことが「スマホ老眼」では普通になってきているのかもしれません。
でも目は大事ですし、物が見えにくいのも辛いものです。
ちょっとスマホ老眼かな?と気になる方が、その症状を改善するための対策はあるのでしょうか?

老眼もスマホ老眼も、目の中にあるピント調整機能の水晶体の厚さを調整する筋力が弱くなることで起こります。
老眼の場合は年齢による衰え、スマホ老眼の場合は目の酷使によって衰えに似た状態になっています。
ですから、その衰え、衰えに似た状態を解消、改善することが必要になります。

そのためには、衰えた水晶体の厚さを調整する筋力を回復させる必要があります。
筋力の回復に一番直接的なのは筋力強化が通常なのですが、筋力強化と言っても目の中のことですから、
なかなか直接的に強化することはできませんので、極力自然治癒的な回復を促すために目を休ませることが
大切です。
さらに、最近ではブルーベリーやビルベリー、えんきんなど目の機能改善を目的としたサプリメントが色々と
販売されていますので、それらを摂取して回復をより促していくことも効果的です。

スマホ老眼の症状を改善するためには、目の休養+目の機能改善サプリメントで目の中の機能回復を促していく
ことが一番のようです。

スマホ老眼対策に効果のある体操とは?

最近、スマホ老眼対策に効果のある体操があるとテレビでも紹介されていました。
日比野佐和子さんが考え出した「まいにち、眼トレ」と言う本にもなっている体操というか目のストレッチ法です。
さらにこの本は日めくりカレンダー的になっているので、毎日少しずつより自然に実施できるところも評判に
なっているようです。
インターネットを色々調べると簡単なストレッチ方法も載っていますので、スマホ老眼対策として、
試してみてはいかがでしょう。
基本はストレッチとなるため、くれぐれも無理をしないこと、そして毎日することがより効果的です。

スマホ老眼対策の眼鏡が眼鏡市場で販売されています

松田聖子さんと西田敏行さんのCMでおなじみの眼鏡市場で、20代から40代向けのスマホ老眼対策に開発された
『I-relax(アイリラックス)』という眼鏡が発売されています。
(http://www.meganeichiba.jp/sp/lens/irelax/)

眼鏡市場さんと言えば、いち早くパソコン用なのに無色の透明レンズや、目元の温度を約2度下げるという
「アイクルールレンズ」などなかなか画期的なレンズを開発している企業さんですが、このスマホ老眼対策用眼鏡の
『I-relax(アイリラックス)』は、老眼鏡の仕組みを活かした眼鏡なのでプチ老眼鏡と言うか準老眼鏡という感じの
商品となっています。
通常使っている眼鏡とは仕組みが違うため、最初は慣れないこともあると思いますので、気になる方は
まず眼鏡市場さんに言って、試してみられることをお勧めします。

スマートフォンが便利で色んなことが出来るがために使いすぎてしまい、その影響で出現した「スマホ老眼」。
気になる方は、まず第一の対策であるスマートフォンの使い過ぎを気を付けていきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加