金縛りの解き方!英語では?金縛りで引っ張られたり浮くことってあるの?

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

金縛りの解き方はどうする?

金縛りには何度もなりました。大学時代はほぼ毎日…。なので、友達が「金縛りになった。」とおびえながら言ってきても、自分にとっては日常茶飯事というか、むしろ日常となっていたので、「金縛りなんてそんなおびえるもんじゃないよ。むしろ楽しまなきゃ。」と言い返します(私はМじゃないですよ)。そんなことから、金縛りになった時に自分に相談する友達が増えていきました。
すると、その友達の一人が、「金縛りの解き方を教えてほしい。」と頼まれたのですが、正直考えたことがなかったこともあり、その時には「気合い」と適当に流してしまいました。それについての申し訳なさもあって、金縛りの解き方についての考察を自分なりにしてみたのですが、やっぱり、「気合い」じゃないですかね。ふん!と踏ん張って、力ずくで体を無理やり起こします。でもこれしんどいんですよ。息切れするときもありますし…。でもこれ以外方法は思いつきません。むしろこれ以外の方法を試そうだなんて、金縛りになった時には考える余裕すらありません。みんなそうだと思いますよ。

金縛りを英語で~?

金縛りの英語って何だろう…Gold(金)tie(縛る)…なはずないよね。これだとネクタイみたいになっってしまう。知り合いに聞いても「わかんない」と言われるばかり…。インターネットで調べてみてもいろいろあって、なにが正しいのか分からないですよね。もう、金縛りの英語はGold tieでいいのではないでしょうか(笑)。

金縛りで引っ張られた

金縛りになるとき自分の目の前にいろんなものが現れます。蛇だったり、コンクリートだったり、少年少女であったり、自分が片思いしている人だったり…。彼ら(人じゃないものないし生き物ではないものもあるが)は基本的に自分に乗っかって来るだけです。しかし、一回だけ金縛りで引っ張られるように感じたことがあります。それは大学4年生のころ、卒論に追われ、3日間不眠不休でパソコンとにらめっこしていたのですが、一段落ついたところで、さすがに寝なきゃまずいと思い、布団に入りました。その瞬間です。金縛りになりました。それは毎度のことなのですが、何かに引っ張られたんですよね。こう、前に進もうにも進めないような感じで…。何に引っ張られたのかはさっぱりわかりませんが、何となく、ふと頭に「留年」という言葉がよぎりまして…引っ張られてたまるか!という思いで気合いで金縛りを解き、また論文作成に取り掛かりました。留年という概念に引っ張られたのでしょうか?これがあったからこそ卒論を期限内に提出できたのかもしれませんね(ギリギリでしたので、誤字脱字のオンパレードでした)。

金縛りで浮くのはなぜ?

ある日、友達が金縛りにあったんだと私に報告してきたのですが、その友人がとても興味深いことを言いいました。「金縛りになると体が浮くような感じになるよね。」と。私としては、金縛りはむしろ「沈む」といったイメージを持っているので、対局する考えをする人もいるんだなと素直に関心してしまいました。しかし、脳は起きているのに体は動かせない。だからこそ自分は「沈む」という言葉で表現しました。果たしてその状態で「金縛りで浮く」ような体験をすることができるのでしょうか。一つだけ思いついたのは、幽体離脱です。金縛りと幽体離脱は、心霊現象として取り扱われることもありますよね。そんな感じでしょうか。金縛りにあうと、体は動かなくなります。でも脳は動いているため、必死に動こうとしますが、なかなかできません。そこで、自身の精神体と肉体が分離して、浮くような感じに…これなら説明がつきます。なんだかオカルトになってしまいましたね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加