金縛りの原因 とメカニズム金縛りで幽体離脱や寒気が出る理由

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

金縛りの原因

金縛りの原因とは一体何なのでしょうか。
疲労がたまっているとき?
それとも、幽霊がのしかかっているせい?
気になりますよね。
私もきちんと金縛りの原因をきちんと知るまで
金縛りになる度にガクガク震えていました。
さすがに高校時代に習慣化したこともあって、幽霊ではないぞと思い始めていました。
寝るときに脳が興奮していたりすると金縛りになるみたいですね。
原因として、一つに仰向けに寝ることや、寝る前にスマホを弄ること等がありますよね。
私も寝る前にスマホ、そして仰向けで寝ていました。
さすがに仰向けで寝ないのはきつかったので、寝る前にスマホを弄るのをやめました。
そしたら、金縛りになる回数が激減したんです。
やっぱり、寝る前にスマホを弄るのはやめたほうがいいみたいですね。

金縛りのメカニズム

疲れているときなどに、金縛りになったりしますよね。
それで、気持ちよく寝れなくなったしまったり、体がしんどくなってしまったり
金縛りになっていい気分にはなりませんよね(いい気分になる人もいるかもしれませんが…)。
そんな金縛りのメカニズムについて、いろいろ調べてみました。
一言で言ってしまえば、
「体は眠っているのに、脳だけが目覚めている状態」のことです。
睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠に分けられることはご存知だと思いますが、
金縛りはレム睡眠の時になります。脳だけが目覚めてしまうのです。
脳だけが目覚めてしまうと、意識はあるのに体が動かないという現象が起きます。
これが、金縛りの正体です。
この金縛りのメカニズムを知ってしまえば、もう怖くないですよね。

金縛りで幽体離脱

「金縛りになって幽体離脱しました。それで自分の体を見ました。」という
知人の体験談を聞き、
それはないだろ…と内心で思いつつ、それは大変でしたねと聞き流していまいました。
ネットとかでも、金縛りからの幽体離脱をするといった体験談も多いですよね。
いったいどうやったら幽体離脱をするのでしょうか。
自分なりに考えられる考察としては、
「体は眠って脳は起きている状態」である金縛りによってで動こうとしても、動くことができない。
その状況のなかで、意識だけが体から分離した『気がした』のではないのでしょうか。
私も金縛りになったときに女性が乗っている気がしたり、蛇に体を縛られた気がします。
金縛りは眠るときになるもの、意識も朦朧としていて、夢を見ている状態だったのではないのでしょうか。
この『気がする』で結構いろんなことが起きるんですよね。
金縛りで幽体離脱した『気がする』のではないでしょうか。

金縛りで寒気がする


大学時代、不眠不休で資格試験の勉強をしていたのですが
さすがに疲れがたまってきたのが自分でもわかる状態になり、
風呂にも入らず、布団にダイブしました。
その時です。この日は金縛りで寒気がするという体験をしました。
まず、キーンと耳鳴りが始まり、金縛りになりました。
金縛り自体は毎度のことだったのですが
その時、部屋にドアが開く音がしました。
そして、こちらへと足音が近づいてくるのです。
自分は大学時代、寮住まいだったのですが
その日のルームメイト(ラグビー部)は遠征で出ており、この部屋に入るのは自分しかいないはずです。
そして、その気配は自分の真横まで近づいて…
「○△□※○~!」と何かを叫んで気配を消しました。
その瞬間、金縛りは解けたものの、寒気が止まらなくなるという怖い体験をしました。
金縛りで寒気がすること。
私はこれは何かを意味しているんでは?と深く考えたのでした。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加