爪の間の汚れの取り方!汚れを落とすには?爪の間の汚れが臭い。足の爪の間の汚れ 足

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

爪の間の汚れの取り方

私は子供の頃、はだしで公園や学校の運動場を駆け回るのが日常でした。
そして、家に帰ってお風呂に入ると、足の爪の間に土がこびりついてしまって
取るのにとても苦労しました。
爪の間が汚れることが多く、それが理由で、爪の間の汚れの取り方を一人で、模索しました。
指で、綿棒で、爪楊枝で…いろいろ試したのですが、なかなか取れません。
また、爪楊枝なんかを使うと甘肉に刺さったりしてすごい痛い思いをしました。
その後もいろんなもので、試してみるものの、歯ブラシが一番効果的であることが判明しました。
今の歯ブラシは細くて柔らかい毛であるにも関わらず、汚れをしっかり取ってくれるという代物です。
産業大国の日本だからでしょうか。
さらに最近は爪ブラシというのも売っていますよね。
あまり、他のほうの爪や、爪楊枝などを使わずそういったものを使ったほうがいいのは間違いありませんね。

爪の間の汚れを落とす

爪の間の汚れを落とすことは衛生面から大事だと言われます。
爪の間には菌などが多く、また、特に意識して手洗いをしなければなかなか落ちません。
手の爪の間は指先付近ですし、ものに触るときは基本指先をそれにつけます。
パソコンのキーボードとかスマホとかも指先で触りますよね。
ということは
菌が多くついたままの指先で、スマホやパソコン、その他日用品を触っているわけです。
爪の間の汚れを落とすことの大事さを認識していただけたでしょうか?
なので、爪ブラシなどを使って料理前や帰宅時などに特に意識して爪の間の汚れを落としたほうが衛生的にいいでしょう。
爪ブラシがないって時には使い古した歯ブラシを一度ハイターなどで除菌してから使うのもいいともいます。
また、爪を無駄に伸ばさないことも大事だといえるでしょう。
伸びたらこまめに爪を切ることをおすすめします。

爪の間の汚れの臭い

爪の間の汚れって臭いですよね。
お風呂上りなどに柔らかくなった爪の間を
指や爪を使って爪の間の汚れを取るのが日課となっているのですが、
つい、その取れた汚れ(爪垢と私は読んでいました。)のにおいを嗅いでしまいます。
(家に一人しかいないときにしかしませんが)
それのにおいを嗅ぐとなんと、とても臭いんです。
もう風呂で体を洗った人間が発するにおいなのかと言いたいぐらいに…
でも、少しその匂いが気になって、爪の間の汚れを取る度にその取れたもののにおいを嗅いでしまうんですよね。
中毒性があるのでしょうか。
でも、他の人にとって、その行為は決して心地よいものではないはずなので
一人でもやらないほうがいいですよね。
(ちなみに私は高校生の時までやっていました。)

足の爪の間の汚れ

足が臭くて悩んでいる方
足の爪の掃除をちゃんとしていますか?
もし、していないなら
爪の間の汚れが足のにおいの原因になっているかしれません。

爪の間に汚れは結構溜まります。
埃だったり、靴下の毛玉だったり、または足の垢だったり…
それがたまっていくと爪の間が臭くなるのは当然のことです。
実際にお風呂上りの時などに試しに手の指の爪で、足の爪の裏側をいじってみてください。
そうすると、爪に垢のようなものがついていて、それがとてもくさいのです。
ティッシュでふき取っても指にはその匂いが残っています。
一瞬で、手の指が臭くなるのですから、それが長時間足の爪の間に付いたままと考えたら…
想像していただけましたか?
なので、足のにおいで悩んでいる方には、ぜひ一度足の爪の間を洗ってみてください。
繰り返しになりますが、爪の間の汚れが足のにおいの原因になっているかもしれませんので、
是非、試してみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加