最近変わった?CMが大人っぽく変身した榮倉奈々

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

モデルから女優へと転身、映画も好調の女優・榮倉奈々さん

20代も半ばにはいり、

これまで「かわいい」「健康」イメージが先行されてきた彼女も、

なんとなく「オトナ」のイメージに転換する時期に入ってきているようです。

そんななか、

「榮倉奈々のCMがオトナっぽくなった。」

とささやかれることが、2013年春ごろから増えてきたっぽいです。

榮倉奈々さんの出演しているCMというと、よく出てくるのが、

歯磨き粉のCMとか、コンタクトレンズ、食パンなど。

これらは、全体的に榮倉さんの健康的な明るさがメインと言う感じで、

いわゆる「色気」とか、どっきりさせられるようなシーンはありませんでした。

これが、2013年春ごろから、一転。

オトナの色気を感じさせるCMでドッキリシーンも登場しています。

2013年の春にオンエアーされ始めた、

ノンシリコンシャンプー・ヘアケアブランド、レヴィールのCMでは

「ピンクのオンナ」を演じている榮倉奈々さん。

濃いローズピンクのドレスを身にまとい、

白いジャケットをさらりと脱ぎ捨てるシーンや、

太もも胸元をチラ魅せするシーン、

ニュアンスを感じさせる、アンニュイで秘密めいた微笑のショット

全体に「オトナのオンナ」を感じさせるイメージです。

かわいらしい路線のCMが多かった中で、ちょっと、異色で、

まさに「妖艶」と呼ぶのにふさわしいイメージです。

レヴィールのCMには、他にも、

戸田恵梨香さん、

長澤まさみさん、

石原さとみさんとの4人バージョンもあり、

こちらも、それぞれのテーマカラーで「オンナ」を演じるという、

これもなんとなくセクシーなシーンが多いCMです。

「今が旬の女優4人が共演!」なんて言われて、オシャレなイメージですね。

シャンプーも美容系の商品ですから、「美々しさ」って大事でしょうから、

健康美よりは、妖艶路線ってことでしょうか。

そういえば、このCMのメイクって、けっこう「バッチリ!」って感じがします。

ビールのCMでは、相変わらず健康美を見せてくれる榮倉さん、

今後はオトナ路線が増えていくかもしれません。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加