英語で新年の挨拶をしてみよう

2016-10-08_123927

「あけましておめでとう」は英語では?

決まりきった日本語の年賀状ではなく、ちょっと、オシャレな感じにしたものにしたい。

そんな時は、英語で新年のあいさつをしてみるというのも、

オツなものです。

日本の英語教育では、「あけましておめでとう」

Happy new year.

と教わっていることが多いと思います。

日本の場合、決まり文句として「あけましておめでとうございます」があるために、それに相当する程度頻繁に利用される言葉という意味では、間違いではありません。しかし、厳密に言うとちょっと違います。

実は、英語では新年のあいさつとして、決まったものはありません。

言い換えれば、新年に向けて、相手にふさわしい一言を添えてあげれば、それでOKとも言えます。

むしろ、相手と自分の関係を踏まえたうえで、それにふさわしい親しみのこもった一言をあいさつにする、という方が、紋切り型で型どおりのあいさつを交わすより、礼儀正しく親切な態度として喜ばれます。

英語で新年の挨拶文例

★友人、親しい間柄の同僚などに対して、

I hope you have a good new year!

(訳:良い新年を迎えられますように!)

砕けた感じで、

Have a good new year!

でも、非常に親しい仲なら、かえって親近感があってよいですね。

★カレカノ、プライベートな間柄の異性

Wish I could have a great year with you!

(あなたと一緒に、ステキな年を迎えられますように願ってね)

※今年は、一緒に新年を迎えられなかったから、来年こそは一緒に!

という含みもあります。

★ビジネス関係、取引先など

いわゆる、

「旧年中はお世話になりました、本年もよろしくお願いいたします。」の英語版。

I am very grateful to you, for the kindness you showed us in the paset year.

I look forward to your continued good will in the coming year.

これは、割と硬い言い回しで、あっさりとした印象です。

親しい人に使うと「よそよそしい」と思われる恐れもあるので、相手を選んで使いましょう。

★義理の親戚関係

Thank you for your kindness of last year.

And I hope all yours have another great new year.

(旧年中のご親切ありがとうございました。

皆様が良い新年を迎えることを願っております。)

ちょっぴりかしこまった印象。

末尾に、Your sister in raw(あなたの義妹(義姉)より)などの添え書きをします。

そんなに親しくはないけれど、ちょっとごあいさつしたい相手にも利用できると思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加