新年の挨拶文!年賀状でタブーとされる言葉はある?

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

新年の挨拶文にも決まり事がある

毎年の習慣として必ずやり取りする年賀状、「いつものことだから」と、うっかり気を抜くと、
時に思いがけないミス
をしてしまうことがあります。

というのは、新年の挨拶文には、「使ってはいけない言葉」「書き方のマナー」「形式」が
古くから決まり事として残っている
からです。

普段の日常会話では、つい、口を滑らせても、「ごめーん!」で済むようなことが、

年賀状で、となると、影響が大きくなってしまって、後々、人間関係にしこりを残す心配もないではありません。

新年の挨拶文で、やってはいけないタブーをまとめてみていきましょう。

・「去年」はNG!

一番多いミスがこれ。「去る」という言葉は、「死去」につながり、
新年の挨拶にはふさわしくないため、「旧年中」「昨年」に置き換えます。

・「あけましておめでとうございます」に「新年」を付ける

これも、お子さんなどに多くみられるもので、以外に気づかないミス。
「あけまして」に「新年」が重なってしまうので、正しくは「新年」をつけてはいけません。

・忌み言葉に注意!

縁起の悪い言葉を「忌み言葉」といいます。
お正月を含めたお祝い事の席では使ってはいけない、という決まりです。

「死」「呪」「恨」は当然ながら「滅びる」「別れる」「切れる」「割れる」「絶える」「損なう」「失う」「枯れる」「衰える」などは、お正月にふさわしくありません。

・賀詞の上下関係に注意

目上の方には、「謹賀新年」など四文字の賀詞を、
二文字の賀詞は同僚、友人など近しい間柄の人に。

堅苦しいのが苦手な方は、「あけましておめでとうございます」などの言葉の
賀詞を使うと良いでしょう。

・「元旦」の前に「1月」を付ける

「元旦」は「一月一日」の意味。前に「1月」を付ける必要はありません。「平成○○年 元旦」「20○○年 元旦」のように使うのが正式です。

また、年度の数字は、縦書きなら漢数字を、横書きならアラビア数字を使って書きます。

ちょっとしたことばかりですが、うっかりミスってしまうと、「恥のかき初め」となってしまいますから、十分ご注意くださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加