家庭菜園の土づくりは冬から!

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

今!家庭菜園が人気!

物価高や、夏の異常気象の影響から、家庭菜園の人気が高まっていますね。

本格的に市民農園を借りるひとから、マンションやアパートの

小さなプランターガーデンまで、広さや品種数はまちまちですが、

自分で栽培した野菜が食卓に上るということそのものが、育てる楽しみや、

作る楽しみを生み出してくれます。

量は少ないと言っても、自分で育てた野菜ならば、鮮度は抜群、

間違いなく「産直」ですし、無農薬栽培だって可能です。

ある程度以上の量が取れるようになると、家計も助かる、という点で、

実は主婦にも人気が高いようです。

そんな家庭菜園で大事なものは、なんといっても「土」です。

野菜を上手に作るのには、一番重要のものが土づくり。

とはいえ、プランターガーデンの場合と、庭や市民農園の場合だと、

土づくりの方法にはかなりの違いがあります。

今回は、基本の土づくりをご紹介しましょう。

初心者・プランターの場合は「総入れ替え」が安心

マンションやアパートのベランダプランター栽培の場合、初心者は、

費用は掛かりますが、土は毎年購入して総入れ替えをする方が安心です。

2年目の土は粒子の団粒構造が崩れて、栄養分も偏りが起きていて、

ちょうど良い状態にするのには、少々手間がかかります。

時間も必要になることなので、2年目はプランターの土は新しくホームセンターなどで購入して利用したほうが間違いないでしょう。

使い終わった2年目の土は、空のポリ袋などに入れて、肥料や有機質を追加して

寝かせておくことで再生させることができます。

最近は、プランターの土を再利用するための専用肥料なども売られているので、

こういうものを足しても良いでしょう。

プランター栽培の場合、2年目の土はそのままだと、どうしても病気が発生しやすく

なってしまいます。

石灰を少量混ぜた上、黒いポリ袋に入れて日光消毒するなどして、

できるだけ雑菌を減らすようにしたうえで、なるべく病害虫に強いものの栽培に

使うと良いでしょう。

畑や庭なら本格的土づくりが可能

市民農園、自宅の庭、貸農園などの場合は、もうちょっと本格的な土づくりが

可能です。自宅の庭の場合は、コンポストなどを利用してもいいですし、たい肥作りの為に場所を作ると、なおいいでしょう。

たい肥は、植物性の腐植質がたくさん必要になります。

落ち葉や枯葉、枯草などを秋までに集めておき、そこに尿素などをかけて切り返しをくりかえして発酵させたものがたい肥です。

本格的たい肥作りは素人には難しいので、初めての人は、落ち葉などの有機質に、市販の腐葉土、鶏糞などを混ぜて雨かかからないようにビニールシートをかけておき、

2~3か月に1回きり返すだけでも良いでしょう。

釣りが趣味の方なら、餌用のミミズの残りを放しておくと、

ミミズコンポストの真似事になります。

生ごみの減少と家庭菜園に役立つ方法としてはお勧めです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加