マクドナルドのポテトの値段比較!

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

マクドナルドのポテトは安い?

マックのバーガーとセットでおなじみの「マックフライポテト」

チキンナゲットよりも古い歴史(!?)を持ち、日本に上陸した当時からずっと、

サイドメニューの看板をしょって立っています。

マクドナルドの最初期時代のメニュー(1955年)を見ると、すでに、

ちゃーんとフレンチフライが掲載されています。

当時の価格は

・ハンバーガー 15セント

・フレンチフライ 10セント。

ハンバーガーとの価格差が小さいことに、ちょっと驚きます。

1955年~60年代のガソリンが1ガロン(4リットル)15セントくらいと言われますから、物価を考えるとそんなに安くはなかったようです。

当時の平均的な1世帯の収入は3万ドル。現在の約10分の1の金額だそうです。

日本第1号店が登場したのは1971年のこと。銀座三越店での価格は、

・ハンバーガー 80円

・チーズバーガー 100円

・ビッグマック 200円

・マックフライポテト 70円

これまた、ハンバーガーと、ポテトの金額差は、わずか10円。

「どっちを買うべきか?」

と考えると、

「ポテトよりはバーガー!」となりそうな気がしますね。

物価の上昇率を考えたら、価格があまり変わっていないように感じます。

でも、実はハンバーガーのサイズは、以前より小さくなっているんだとか。

マックフライポテトの原価は?

ところで、マックフライポテトは、普通のフレンチフライドポテトと違って、

「イモ+油+塩」で作られているんじゃないんだそうです。

マックフライポテトのレシピは、長いこと企業秘密ということで内容物は秘密になっていたんですが、最近になって、アレルギー対策の表示義務や、マックのあまりに厳しい企業秘密規定が批判のマトになったため、渋々?情報公開に応じたものらしいです。

それによると、なんと、

マックフライポテトは11種類もの原材料で作られているんだそうです。

最近、マクドナルドの原価が流失して騒ぎにもなりました。

フライドポテト、驚きの原価は、

ポテト(S) 14円

ポテト(M) 19円

メガポテトでも63円、と、100円未満なんだそうです。

かなりショックですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加