マクドナルドのデリバリー利用方法

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

作りたての美味しさがそのまま届くマックデリバリー

ファーストフードの代表、マクドナルド

地域限定で、デリバリーサービスが始まりました。

マックデリバリーと呼ばれる新しいサービスで、マクドナルド公式ホームページでは、詳しい説明と一緒に、

ホームページからのデリバリーサービスの注文を受け付けています。

スマホやiphoneからQRコードを読み取って登録すると、2回目からの注文が簡単に済ませられるようになるサービスなども充実していて、朝マックからOKというのも魅力です。

育児で忙しいママや、お天気が悪くて出かけるのが難しい時、あるいはオフィスや、ミーティング、ホームパーティーなど、様々なシーンで利用できそうです。

早速マクドナルド公式ホームページを覗いてみると、まず、

デリバリーサービスの利用可能地域を検索できるようになっていました。

今のところ、マックデリバリーを利用できるのは、

「埼玉、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫」の7県だけ。

それも、全県どこでもOKというわけではないようで、県名をクリックすると、

利用できる町名の一覧が出てくるようになっています。

都内や大阪などは、かなり広範にカバーしているようですが、神奈川県を調べてみると、三浦半島や小田原方面などは、まだサービス対象区域外のようです。

埼玉県も、まだ、利用できる範囲はごく限られている状況で、順次拡大中ということなのでしょう。九州、四国、東北、北海道なども今後拠点となる店舗が出来てくるものと思われます。

配達時間は7:00から23:00で、

注文の総額1500円からデリバリーサービスが利用できます。

また、配達料金として300円が加算される仕組みで

つまり、最低金額は1800円から、ということになるようです。

デリバリーサービスも、マクドナルドのクルースタッフが行うので、店頭サービスと同じように対処してくれるのだそう。

配達中も商品が暖かさを保つように、専用バッグを利用して、

バイクでデリバリーをしてくれるということでした。

今後、利用地域が広がるのが楽しみなサービスですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加