句読点のルールと使い方

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

句読点の使い方にルールはない?

ネット社会の発展とともに、消費されるトレンドとしてのサイトコンテンツやブログ、メルマガが氾濫するようになってきました。

同時に、メールやチャットといった、紙媒体とは異なる媒体での日本語表記が必要になり、今は、紙媒体のみの時代から、電子媒体とのルールの違いができつつある、過渡期にあたっているような感じがします。

言葉は、時代とともに変遷するものですから、古い表記方法がいつまでも有効か?というと、必ずしもそうではありません。

明治時代は「候文」といわれる書字専用の文体があり、書き言葉と話し言葉の間には厳然とした区別がありました。しかし、時代が流れて言文一致体の登場とともに、候文は廃れていき、今や呼んで理解することも難しくなっています。

同じように句読点の使い方のルールにしても、かなり流動的なところがあり、「これが正統派」というものは、実はあってないようなものだと言えます。

学校の作文で取り扱う句読点は、どちらかというと、表記上のルールという性格が強く、「正統派」というよりも、「原則」または「基礎」という意味合いだと考えます。

文章を書くことを生業としている小説家などになると、「句読点の使い方で個性を出す」ということも、作品世界や表現の一部として行われています。

句読点も創文の要素の一つであって、同時に時代の流れで変化していくものだといえるでしょう。

携帯小説にみる句読点ルールの変化

モバイル端末の普及によって、急激に増加したのが「携帯小説」という新しいジャンルです。

これまでの紙媒体中心だった小説というものを、小さなディスプレイしか持たない携帯で表現しようとするときに、当然に、これまでとは違った句読点のルールが生まれてきます。

携帯電話では、フォントをあまり小さくすると読みづらくなります。

しかし、1行の文字数はフォントの大きさで自動的に決まってしまいますから、「適切な大きさで、読みやすく、かつ、まとまったボリューム」という目的を達成するために、句読点を虐待して、ほとんど打たないという形が増えてきました。

その代り大活躍しているのが「」と改行です。

電子書籍の普及で、また、こうした事情にも変化があるものと思われます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加