作文用紙で句読点に気を付けること

2016-10-08_123927
スポンサードリンク

作文用紙の使い方と句読点

 

小学校の時から何度もお世話になっている作文用紙。先生に提出しては、句読点の付け方について訂正された経験もあることだと思います。

長い休みになると、宿題で作文を書いてくるようにと、原稿用紙を渡された経験もあるのではないでしょうか?

 

ちょうど、今も冬休みで、作文用紙とにらめっこしているお子さんも、いらっしゃることでしょう。

 

今回は、作文用紙の使い方について、まとめてみましょう。

 

「、」や「。」は1マスに1つ書くのが基本

 

句読点は、1マスに1つ入れるのが基本です。

ただし、いくつかの条件が重なった場合、1マスに1つではなくなる場合があります。次に、そうした例について書いていきましょう。

 

文頭に句読点はいれない

 

作文用紙に文を書いていると、時々、「、」や「。」が文章の頭に回ってきてしまうことがあると思います。

そういう場合は、前の行の末尾に、「、」や「。」を文字と一緒に記入しても構いません。

 

文頭に「、」や「。」を書くことは通常、しないのが正解です。

 

「」(かぎかっこ)を使ったとき。

 

誰かの話した台詞などは「」(かぎかっこ)を使って、書き表します。

その場合、」(とじかっこ)のマスには「。」を一緒に書きます。

 

…(三点リーダー)の使い方

 

最近、ワープロの発展で頻繁に登場するようになったのが、

「…」(三点リーダー)です。

会話や文章に、ちょっと間を置くことを表現するために、良く使われています。これを表現するときは、1マスに「・」を3ずづつ書くようにしましょう。

 

しばしば、「・・・」のように、1マスに1つづつ「・」を打つ書き方をされる方を見かけます。間違いと言う訳ではありませんが、これで、必要な「間」を表現しようとすると、たくさんのマスを消費することになるので、あまり、良い方法とはいえません。「・」の使い方については、色々な表現方法があるようで、学校の作文にはあまり適さないでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加