佐渡島 フェリー予約 時間

2016-10-08_123927

東北を旅するなら、ぜひ、一度は行ってみたいのが佐渡島です。古くは流刑地として利用され、様々な地方の人々が集められたことと、島、という閉鎖的な環境が、独特の文化芸能を生み出し、本州では絶滅してしまったトキが最後まで生き残り、今、復活をし始めているのも、やはり、佐渡島という地域の豊かな自然環境があったからこそでしょう。

佐渡島には、未だに陸路の直行ルートがなく、島内には鉄道もありません。本州との行き来は、以前はフェリーが主力でしたが、最近は高速船や飛行機といった新しい方法も出てきました。とはいえ、島の中の移動を考えたとき、車やバイクごと移動できるフェリーは便利なようで、佐渡島への移動手段として、根強い人気があります。

■フェリーで佐渡島へ行ってみよう!モデルプランが、佐渡汽船HPでも公開中!

今や、東京から新幹線や飛行機を乗り継いで移動すれば、最短4時間程度で来ることができる佐渡島は、日帰り旅のスポットとして、人気上昇中です。でも、あまりに慌ただしい移動は、旅情という意味ではちょっと残念なようで、「往路はフェリーでのんびり、帰りは疲れているから、高速船を使って帰宅」といったプランも人気のようです。

佐渡汽船が提供するモデルプランは、往路9時25分のカーフェリーで、復路は18時40分のジェットフォイルというもの。佐渡についてからは佐渡金山の坑道や、トキの森公園を散策して佐渡島を満喫できるプランです。したっ調べも兼ねて、一度ご覧になって見られると良いですよ。

■佐渡島へのフェリー予約は、ネット予約が便利!

旅行のチケット予約、映画の予約など、今や「予約はネット」が常識の時代ですね。トキのいる島、佐渡島への旅行予約も、インターネット予約が便利です。ネットで佐渡汽船にアクセスして、「インターネット予約」から、必要事項を入力するだけ。送られてきたメールをプリントアウトするか、携帯に保存して、当時窓口で提示すればOKです。

佐渡汽船のホームページでは、予約方法についての説明も載せてあります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加